換気の方法と基準

2020年12月7日

密閉空間を改善するための換気の方法

厚生労働省が多くの人が利用する施設における新型コロナウイルス感染症対策として、
「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気方法について以下の通りまとめています。

換気状態の確認方法

良好な換気状態の基準として二酸化炭素濃度(CO2濃度)1,000ppm以下が挙げられており、CO2濃度を測定することで換気状態を知ることができます!!

CO2濃度測定器の必要性

多くの人が利用する施設の管理者はクラスター感染発生のリスクを少しでも減らす必要があります。
その上で換気状態を知ることは必要不可欠であり、CO2濃度測定器によって換気状態を数値で知ることができます。

CO2濃度測定器は比較的安価で、スマートフォン程の大きさの測定器を測定したい場所に置くだけと設置も容易にできることから、導入をお勧めします!